Withコロナにおける新しい生活様式の中で、
植物・グリーンは人々の心を癒すインテリアとして、家・オフィス・病院・学校・店舗など様々な分野で注目されています。
その中でも、人工観葉植物はお手入れ不要なため細目なメンテナンスが難しい場での取入れに人気が高まっています。

しかし、いざグリーンを購入しようとすると「種類が多すぎて組み合わせ方がわからない」「値段設定がわかりにくい」「どのように飾ればいいかわからない」というもどかしさが出てきます。

そんな問題を解決するために、手元に届いたその日から、【シンプルでありながら何通りもの使い方ができる】グリーン什器green furnitureシリーズをつくりました。

 

人はなぜグリーン(緑・植物)を求めるのか

人は植物や緑を見ると心身共に癒されますよね。

これには科学的根拠があり、植物を目にしたとき脳はアルファ波というリラックス状態になります。
このリラックス状態になることで、ストレスの軽減や緊張感が緩和されることが報告されています。
そのため、人々は従来から癒し=心身の健康状態UPのために緑を求めるとされています。
現在、コロナ禍により急速にグリーンや観葉植物の人気が高まっているのは、緊張感が続く生活の中で癒しを求める無意識の行動によるものなのです。

 

人工観葉植物について

前述したとおり、グリーンには癒しの効果がありますが、実は人工観葉植物でもリラックス効果があると立証されています。
文字通り人工観葉植物は「人工」なのでお手入れ不要なことが最大のメリットです。これ以外にも人工観葉植物には下記のメリットがあります。

・枯れない

・清潔(虫がこない)

・どこにでも置くことができる(日当たりの考慮不要)

「グリーンを取り入れたいけど窓がない」「お手入れをする人員がいない」という方にとてもオススメです。

 

店舗でも効果的。集客力を上げる

 

コロナ禍により人は従来よりも緑を求めていると記載しましたが、これは日常生活の中でも無意識に行われています。
例えば、、ショッピングセンター内にいくつも店舗が並んでいるとき、
店頭部分にグリーンを配置している店舗とそうでない店舗には集客力に差が付いたという報告がされています。
また、店頭だけではなく店内のあらゆる場所に緑を配置することで、お客様はリラックスした状態でお買い物をすることができ、
結果的に滞在時間が長くなります。
グリーンの導入を検討されている場合は、まず目につきやすい店頭部分から導入することをおすすめします。

 

green furnitureシリーズはどんな空間にも合わせやすい

使用している人工観葉植物は、リアルに見えるグリーンを厳選しボックス内にコーディネートしています。
素材の組み合わせも豊富なので、空間に合わせた素材が選択いただけます。
白/黒のフレームに、グリーンボックスを最下段から最上段、どの位置にも設置可能、
空いている段にはカタログや商品などを置くことができます。
グリーンと組み合わせて商品を陳列することで視認性が高まるので、一押し商品との陳列もオススメです。

 

オフィスに

オフィスでもグリーン什器で簡単にグリーンの取入れが可能です。
オフィス入り口で消毒液台として使用したり、会社案内を置くスタンドとして使用したり。

来客者へのイメージUPはもちろんですが、リラックス効果による社員の仕事効率UPも期待できます。

 

green furnitureに関するお問い合わせ

Greenfurnture_catalogue

御見積・ご注文はこちらをダウンロード・メールに添付してください。

 

日本コパック株式会社

standard@copack.co.jp