COPACK

コンセプト

ハンガーを中心とした
ディスプレイ備品の企画・製造・販売を
展開する
COPACKは、
常に時代の流れにあった
新しい事業を展開します。

環境事業

1989年に業界初の
ハンガーリユース事業を開始
現在では100社、6400店舗でリユースの
仕組みを導入いただいています。

2016年からは廃棄ハンガーを
リユース及び原料に戻すリサイクルも
行っています。

グローバル

1995年に業界に先駆けて
中国に生産拠点を設立。
現在では上海自社
工場を中心に、
20年以上に及ぶ経験から
日本のアパレル市場に
求められる、
小ロットかつ高品質なニーズに
対応しています。

2017年にはコーポレートロゴを日本コパック
から
COPACKに変更し、
Euro Shop 2017に
初出展。
日本デザイン・高品質を、世界で生産し、
グローバルに供給していく
会社に変革しています。