今更感がありますが、VMDを改めて振り返りたいと思います。

VMD

 

VMDとはビジュアル・マーチャンダイジングのことで、

視覚表現を中心とした多様な演出で、お客様の購買を喚起する、ディスプレイによるマーケティング手法です。

「見やすく、買いやすく、売りやすい」売り場を作ることを目指しています。

VP(ヴィジュアルプレゼンテーション)=ぱっと見でお客様の足をとめる。
PP(ポイントプレゼンテーション)=商品に注目させる。
IP(アイテムプレゼンテーション)=商品を手に取ってもらう。

3点の考え方を中心につくられます。

広告業界のAIDMA

(注意→関心→欲求→記憶→行動)の購買プロセスと近い考え方です。

私たちコパックは、ハンガー・ディスプレイツールの会社です。
お店で販売している洋服や商品が売れるために、VMDの考え方を基に、

購買意欲をそそる商品を引き立てる影の黒子商品を考えています。

 

詳しくは、niwa氏解説のVMDの極意を見てください。

あなたを導く。VMDの極意! … ?