【Re-CLO DISPLAY】Products made from waste clothing

回収した洋服を専用工場で100%繊維系からできたリサイクル素材の板に加工し、家具工場で什器やハンガーに生まれ変わらせ、再びディスプレイツールとして店舗に戻します。
循環型の仕組みで、廃棄衣料の削減に取組みます。
色々な繊維が混ざりあう独特の質感活かした、衣料品の回収ボックス、シェルフ、ハンガーを展開していきます。

↓↓↓ECサイトで販売開始

 

サスティナブルな新素材什器

 

廃棄衣料削減はファッション業界が取り組むべき課題

 


服がごみとして廃棄された場合、再資源化される割合は5%程でほとんどはそのまま焼却・埋め立て処分されます。その量は年間で約48万トンを焼却・埋め立てしていることになります。
1日当たり大型トラック130台分の服が償却・埋め立てされています。(環境省WEBサイトより)

廃棄衣料はファッション業界の解決すべき重要な課題です。

 

サスティナブルな新素材什器

詳細はこちらのページへ

 

東京ビエンナーレ2020/2021・ Loiduts charity shopでお披露目

 

社会貢献型のショッピングを体験できるアートプロジェクト「ロイダッツチャリティショップ」の展示空間構成は、日建設計NAD室、日本コパックの協業で【Re-CLO DISPLAY】を使用した展示空間。

不要になった衣類の循環を体現した展示構成になっていて、【Re-CLO DISPLAY】の世界観を体感できます。
https://gallery.copack.co.jp/exhibition/tb2020-loiduts/

東京ビエンナーレ2020/2021・ Loiduts charity shop
場所:CPK GALLERY(東京都台東区柳橋1丁目28-1)
会期:2021年8月7日(土)~22日(日)

 

お問合せ

日本コパック株式会社 担当:古川
standard@copack.co.jp