「LANDSCAPE」

 

 

地理的な感覚を用いて身体を図り続けてきた、ここ数年の集大成的公演。

いくつかの自己体験から、2014年「現在地不明」というソロダンスが生まれ、その後「マッピング」というトリオに発展した。さらに身体感覚を他者とも共有をするための身体メソッド「ボイントワーク」を開発し、青木尚哉グループワークプロジェクトを発足し、前作「atlas」が昨年の2018年に発表された。本作はこれらの文脈のなかで到達する「今」を表すものにしたい。

未だかつてない世界の訪れ、新たな地図が必要となる。

未来を予感し、場所と意識の関係に囚われ続けたシリーズ最終作。

 

チケット :

無料・投げ銭公演

予約不要/全席自由

 

開催概要

 

日時 :

2020年3月24日(火)~29日(日)

24日~27日:19:30

28日:13:00/17:00

29日:14:00

24日 ※プレ公演

29日 ※公演アフターパーティー

※会場は開演時間の40分前からとなります。

※座席に限りがあるため、立ち見になる場合もあります。

 

場所:

CPK GALLERY

東京都台東区柳橋1-28-1 JR浅草橋駅より徒歩5分

 

profile

青木 尚哉 | Naoya Aoki

16才よりダンスを始め、ジャズダンス、クラシックバレエ、モダンダンスの基礎を学ぶ。
加えてボディーワークを学び、身体の構造に対する知を深め、自身のメソッド「ポイントワーク」を開発。
全国各地でのワークショップを展開。指導ほか作品を多数提供している。
近年は一般的な社会における「ダンスの活用」について視野を広げ、小学校への派遣授業や、地域公共ホールとのワークショップ公演なども手がける。

04~08年 Noism在籍。
2013年 JAPON dance project(本拠地:モナコ)を仲間と共同で立ち上げる。
2014年 JAPON dance project 2014「CLOUD/CROWDクラウド/クラウド」を新国立劇場にて発表。
2015年 日本バレエ協会にて「互イニ素」を発表。
2016年 JAPON dance project 2016「Move/Still」を発表。
2017年~ studio ARCHTANZ アーティスト・サポート・プログラムの対象アーティストに選出される

 

公式HP:http://www.aokiny.com

 

 

作·演出·出演 : 青木 尚哉

振付・出演 : 近土歩・村川菜乃・木原萌花・芝田和・大迫健司・高谷楓

舞台美術 : 長谷川匠

制作 : 今村佳奈

音楽監修 : 東俊介

照明テクニック : 緋崎 唯

映像撮影 : 中村 光男

フライヤーデザイン : 中西あゆみ

フライヤー写真 : 中谷 広貴

マネージャー : 中西みなみ

 

協力 : CPK GALLARY/株式会社アトリエ長谷川匠/城崎国際アートセンター/海老原商店/Ballet Studio Blanc/シムズバレエ/スタジオアーキタンツ アーティスト・サボート・プログラム