ハンガーを選ぶ時のサイズに関するポイントをまとめてみました。

そもそもハンガーには、洋服を型くずれしない様に、綺麗に収納するという重要な役割があります。

ここで1番重要になるのが肩幅と肩先部の厚みです。
その為、ほとんどのハンガーカタログには、基本的に幅(W)と厚み(t)が記載されています。

 

肩幅(W)

洋服の両肩の縫目同士を一直線に測ったサイズよりマイナス2〜3cmが理想と言われます。

一般的なハンガーサイズでは、
メンズ 42〜44cm
レディス 36〜38cm
が多いです。

厳密には、ジャケット⇨シャツ⇨インナーで1cm程度づつ小さいのが理想ですが、現実はそこまでこだわることは少ない為、1番影響の大きいジャケットに合わせるのが通常です。

両肩先の厚み(T) 

ジャケット5〜7cm シャツ3〜4cm インナー1〜2cmが最適です。

一般的なハンガーサイズでは、
ジャケット 3〜5cm
シャツ 1〜3cm
インナー 1〜2cm
が多く選ばれます。

迷ったら…

洋服のテイストやブランドによって一概には言えないので、サイズ選びに困った場合は、幅も厚みも理想のサイズより大きめよりは小さめの方がベターです。

理由は2つあります。
①ハンガーの価格がこの2つのサイズで決まってくる為、当然大きいサイズの方が高いから。
②サイズ小さめによるシワの方が、サイズ大きめによってできるあたりによる伸びシワよりもマシで、吊るした時の見た目も良いから。

この様に、最適なサイズを選ばないと洋服のシワやノビによる痛みや見栄えの悪さに影響します。

材料選びのポイントはこちら↓↓↓

https://www.copack.co.jp/column/124

最後に

COPACKは洋服が好きで洋服を大切にしたいという皆様の手助けになる様、より良いハンガー作りを目指しています。