CPK GALLERYで開催した「東東京市」の会場構成の什器製作をしたことがきっかけで、デザインされた商品です。

デザインは、MUTE_イトウさん、DAYS._西尾さんが担当、私たちが本当に欲しい、展示空間で使用する「パーテーション」「ハンガーラック」「テーブル」の最適解に仕上がりました。

POP UP SHOPや催事をスマートに作りたい方にお勧めしたいです。

 

 RAY_  hanging rack system

design:MUTE

ベース、パイプ、6種類のジョイントで構成される自立型のハンガーラックシステムです。
壁付けや天吊りができない場所でも、ハンガーラックを自由度高く簡単にレイアウトすることができます。

2段階で高さを変えることができるので、ハンガーラックの他に間仕切りやサイン掲示の什器として使用することも可能な他、オプションの天板と組み合わせてサイドテーブルとして使用することもできます。

様々なシーンに溶け込むシンプルなデザインです。

 

RAY組み立て説明書

RAY図面

 

photo:Ryoukan Abe

 

T-LEX

design:DAYS.

相欠きした板を少し斜めに組み合わせることで、三本脚で安定感のあり、簡単にコンパクトに解体ができる展示脚をデザインしました。

側面についた金物をスライドして固定することで、H520〜870までの4段階で高さを変えることができます。

二つの脚で大きな平台としてはもちろんですが、一つの脚でも丸や正方形の天板を合わせて台として使用が可能です。

 

CPK_system furnitureカタログ

 

お問い合わせはこちらから