プラスチックハンガーは、高級感がない・壊れやすい・服がすべる。

 

こんなお悩みを聞いたことをきっかけに、
COPACKではプラスチックハンガーを見つめ直すことにしました。
材料の配合量や溶かす温度など、新しいプラスチックの開発からはじまり、
金型の角度や寸法の調整など、幾度も試行錯誤を繰り返しました。
そして5年を経て、やっと自信作と言えるモノができたと思います。
HPseriesは、軽くて扱いやすいプラスチックの特性と、
耐久性・高級感を兼ね添えたハンガーシリーズです。
これまでのプラスチックハンガーのイメージが、きっと覆ります。
是非手に取って体感してみてください。

 

Material プラスチックとは思えない上質感

 

まるで木製品のような重厚感。
軽いのに壊れにくく、手触りがいいのに服がすべりにくい。
その上質感や優れた機能性は、
新しい素材の開発からはじめたからこそ実現しました。
360度どの角度から見ても整ったクオリティは、
お客様のブランドイメージをしっかりと保ちます。

加工の際に生じる“継ぎ目”を極力なくしたり、
自然な木目模様をつけたりと、繊細なアプローチで
これまでのプラスチックハンガーにはない高級感を実現しています。

 

Shape “ 今”にあったカタチ

 

時代の流れとともに変化してゆく Shape
人のカタチや服の在り方。
HPseriesは、それらの“今”に目を向けながら、
服が最も美しいカタチでディスプレイされるように
細部までこだわり設計しました。
人のカタチに沿った時、服は最も魅力を放ちます。
たとえば、肩の傾斜、首回りの太さや肩先の丸みなど、
人体を映したカタチは、服に無駄なしわを生じさせません。

 

Usability いくつもの細かな配慮

 

ハンガーは服を引き立たせる、いわば脇役です。
しかし、服の魅力を伝えること以外にも、
ハンガーには大切な役割があると考えます。
ストレスなく使えるか? 耐久性はどうか?
服がすべらないか? お店での佇まいはどうか?
さまざまな想像を巡らせながら、
実用面にも配慮した名脇役を目指しました。

「軽さ」を出すために、素材はポリプロピレンをメインとしつつ、
強度を上げるために、オリジナル材料を調合しています。
服のすべりにくさは、肩の傾斜を工夫し実現。
服をかけても目立たないよう、はめ込み式の滑り止めもつくりました。

 

Select

 

 

本体カラー・ロゴ印刷・パーツの組み合わせにより、何万通りものハンガーデザインが可能。

本体カラーを自由に調色できるのもプラスチックハンガーの魅力です。

 

カタログを閲覧する

 

カタログ請求・お問い合わせはコチラから