1月23日〜25日にパシフィコ横浜で開催された「SC BUSINESS FAIR 2019」で、発表された「Moulded Pulp Hanger」。

今回発表・展示したものはコンセプトモデルですが、現在、製品化へと駒を進めています。(※写真はハンガーのボディ部分のみ)

 

eCOPACK

 

脱プラスチックが求められる昨今、サスティナブルな店舗運営を実現するプロジェクト「eCOPACK」を立ち上げ、その一環として「Moulded Pulp Hanger」を発表しました。
https://www.copack.co.jp/ecopack

 

Moulded Pulp Hanger

古紙を主原料としたパルプモールドのハンガー。緩衝材として広く利用されるパルプモールドは、造形次第でプラスチックにも劣らない耐荷重性を持ちます。服をかけるための十分な強度や機能を確保した傍ら、安価で環境にも優しいプロダクトになりました。また、スタッキングが可能で、積載効率も良く、物流・倉庫保管におけるコストカットにも期待できます。企画・デザインをデザインスタジオbroomと協業して製作しています。

 

独特の風合いは、オーガニック商品との相性が良く、印刷を施し季節の打ち出し商品POPとして使ったり、ロゴ入れをしてノベルティにも使用できます。これまで世の中にない商品ですので、気になる方は早めにお問い合わせください。

 

今春、量産品販売開始予定です。